ベータ1号機を展示しました2020年08月12日

SONY SL-7300

今日も良い天気で暑いです。収蔵庫を整理しないといけないのですが、夜になっても室内が30度を超えているので仕事になりません。
熱中症にならないように無理しないようにしないと。

館内にはベータとVHSのビデオデッキを展示しています。VHSは1号機をシャープにOEMしたもの、ベータはVHSに対抗して2時間モードを搭載したSL-8300を展示していました。
やはりベータも1号機のほうが良いかなということで、1時間モードのみのSL-7300(1975年)に入れ替えました。厳密にはチューナを持たないSL-6300が1号機ですが、同じ年に発売されたはじめてチューナが内蔵されたこのモデルが実質的には1号機といってよいと思います。

まだリニューアルオープンして間もないのですが、こまかい説明の位置の変更なども含めて日々、改良しています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2020/08/12/9277835/tb