電蓄の修理-続き2021年07月17日

きれいに光ったマジックアイ

完成したと思った修理中の電蓄ですが、マジックアイが動いていませんでした。バイアス用の1MΩが切れていたので交換。この抵抗は切れやすいようです。これで外部アンテナをつなげばしっかり閉じるようになりました。

球も暗いので交換。貴重な6E5-Dの程度の良いものが見つかりました。東洋独自の品種ですが、中央部にダイヤ状の飾りがあってきれい・・というだけのもので、普通の6E5と互換性があります。

大事に使わないといけないのですが、この電蓄はピックアップに切替えるとマジックアイが消えるようになっているので、消耗を防げます。

スピーカーも、本来予定していたJENSENは、立派すぎてバランスが悪いので、ナショナルの10インチを選んでテストしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2021/07/17/9399109/tb