富士電機の扇風機を展示しました2022年10月02日

扇風機の展示替え

先月、長野市にお住まいの方から戦前の富士電機の扇風機を置き台付きで寄贈いただきました。富士電機といえば近所に工場がある地元の会社ですので、できるだけ展示するようにしています。そこで芝浦扇と主役を交代しました。梱包箱のラベルも一緒にいただきました。「昭和十二年型」とあります。芝浦扇は4枚ばねですが、これは現代のものに近い3枚羽根です。この形は電気試験所の特許を使った「エトラ扇」と呼ばれるもので、回転を下げて低騒音にできるメリットがありました。

富士電機のローマ字表記は、今は"FUJI"ですが、戦前は古河とSiemensの合弁ということで"FUSI"なんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2022/10/02/9530685/tb