東京放送局の設計図が発見されました2022年10月09日

愛宕山コーナー

大変貴重な愛宕山東京放送局の設計図が発見されました。放送博物館には青図が展示されていますが、こちらはトレーシングペーパーに描かれた原紙です。施主である放送局に青図しかないのは当然で、原紙は設計事務所にあるものです。元はA1ですが、持ち主の許可を得てA3に縮小したものを展示しました。

「富山県婦負郡杉原村斉田 山田兵庫」という印が押してあります。この地名は1950年代まで実在しましたが、詳細は不明です。この図は、NHK放送博物館に展示されている平面図と異なり、寸法が入っていません。モノクロでコピーしたものを展示しましたが原紙には壁の部分に赤色が入っています。建築図面に詳しくないので用途はよくわかりません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2022/10/09/9532392/tb