電蓄が壊れました2021年03月28日

電蓄シャーシ裏

博物館ではコンソール型電蓄を動くようにしているのですが、久しぶりに電源を入れてみたら電気が入りませんでした。
電源スイッチのツマミがガタついていたので、大体原因は分かったのですが、道具がないのでシャーシを外して持ち帰って修理です。
思った通り、電源スイッチのナットが緩んで空回りしてスイッチの配線が切れただけでした。つなぎ直して修理完了です。
手作りの電蓄ですが、元々回転止めのツメを使っていませんでした。
細かいところの積み重ねが信頼性につながるという一例です。
土曜日に内覧会も済ませ、準備は完了です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2021/03/28/9361611/tb