電蓄の修理-続き2021年07月17日

きれいに光ったマジックアイ

完成したと思った修理中の電蓄ですが、マジックアイが動いていませんでした。バイアス用の1MΩが切れていたので交換。この抵抗は切れやすいようです。これで外部アンテナをつなげばしっかり閉じるようになりました。

球も暗いので交換。貴重な6E5-Dの程度の良いものが見つかりました。東洋独自の品種ですが、中央部にダイヤ状の飾りがあってきれい・・というだけのもので、普通の6E5と互換性があります。

大事に使わないといけないのですが、この電蓄はピックアップに切替えるとマジックアイが消えるようになっているので、消耗を防げます。

スピーカーも、本来予定していたJENSENは、立派すぎてバランスが悪いので、ナショナルの10インチを選んでテストしました。

すっかり大きくなりました2021年07月15日

カモの親子

カモさんのひなは今年も立派に育ちました。梅雨空の雨の中、静かに休んでいます。まだ親子で一緒に過ごしていますが、梅雨明けとともに巣立ちの季節になります。今年の観察日記もそろそろ終わりです。

トリネスコープを展示しました2021年07月11日

テレビの展示替え

県内のコレクターのご厚意で、ちょうど前の東京オリンピックが開催された1964年に発売された三菱電機の特殊なカラーテレビ「トリネスコープ」を展示しました。三原色の特殊な白黒ブラウン管を3本使って、画像を光学合成してカラー映像にするというもので、ちょうど3管式プロジェクターに似ています。

絵が明るく、低価格というところは良かったのですが、画面が6型と小さく、それも正面を向いた画面は光学系がある関係で30㎝以上奥まった位置に写っているということから、視野角が30度くらいしか確保できません。

これを家族で見ようとしたら、子供を膝に乗せて、夫婦で肩寄せ合ってと、実に仲睦まじい?景色になります。いくら高級な白黒テレビプラスアルファの価格と言っても売れなかったでしょう。

カラーテレビを低価格化しようと様々な新方式が世に出た時代でした。これも失敗したソニーのクロマトロン、ゼネラルのカラーネトロン(カタログのみ)と合わせて展示しました。

7月22日は開館になりました2021年07月11日

開館の表示

今年限りの臨時の祝日の7月22日は、閉館とお知らせしましたが、ボランティアのご協力により、開館できることになりましたのでお知らせします。

梅雨空でも元気です2021年07月01日

梅雨のカモ

毎日梅雨らしい雨の日が続いています。カモさんのひなたちも、お母さんが見守るそばで、少し寒いのかひとかたまりになって休んでいます。そろそろ羽毛から羽に生え変わるようです。かわいいです。

7月22日は閉館日です2021年06月30日


明日から7月です。7月22日は今年だけ祝日ですが、当初の計画になかったので人員が配置できません。
サイトのカレンダー通り、当館は閉館ですのでご注意ください。

電蓄の修理-続き2021年06月26日

電蓄シャーシ

電蓄シャースの修理の続きです。シャーシにちょっと触るだけでガリガリノイズが出ます。ピックアップに切替えて入力をショートすると出なくなります。ということはこれ以前のラジオのほうに原因があります。

ということで6ZDH3Aを交換したら直りました。ヒータが消えて交換した球もダメだったということです。中古しかないのでしょうがないのですが・・・。JRC→岡谷と続けて不良だったので、気持ちでマツダにしてみました。接触不良を起こしたヒューズホルダと、いま一つ信用しきれない電源コードも交換しました。博物館で長く使うので、オリジナルより信頼性です。

長時間ランニングして問題はなさそうです。これで電気的な修理は完成ですが、一番苦手なダイヤルの糸掛けが残っています。

わたしたちも成長しました2021年06月23日

カモのひな

あとから生まれたひなも、羽根が生え変わり始めて、だいぶ大きくなりました。少し見ないうちにどんどん大きくなっています。

写真を撮っていたらまわりに集まってきました。エサをもらえると思ったのでしょうか。人間との付き合い方も覚えてきているみたいです。エサ持ってなくてごめんね。

こんなに大きくなりました2021年06月21日

カモの親子

最初に生まれたひなたちは立派な若鳥になりました。もうどれが親だかわからないです。もう少しで独り立ちです。

公式サイトを移転しました2021年06月20日


本日(6月20日)、セキュリティ向上のため、サイトを移転しました。

移転先は
https://japanradiomuseum.comです(jpがcomになりました)。

引っ越しを機会に構造や内容を見直しました。これからもよろしくお願いします。