ミゼット型の展示を補強しました2021年08月24日

展示改善

スピーカが別れた形のラジオ(右:ナショナルR-51型)から屋根が丸い形のミゼット(左:シャープ37型)につながる変化はかなり唐突なものに感じます。この間のつながりを示すものとして、過渡期のモデル(中:シンガー)を展示しました。金属製のミゼットという変わったものです。肩の部分の段の部分に、スピーカが別れていたころの名残が感じられます。

実は松下の自社開発1号機として東京放送局の懸賞に出した試作品は、このシンガーのような金属キャビネットのミゼット型でした。
全国で発売することを考えて少し保守的なデザインで市販したら、すでに旧式になっていました。

実はこの3台は同じ年に発売されました。アメリカで1925年頃から1929年にかけて進んだ変化が、5年遅れてラジオが始まった日本にはいっぺんに入ってきました。混沌とした変化の激しい時代を物語っています。

デザインの流れが少しわかりやすくなったかなと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://japanradiomuseum.asablo.jp/blog/2021/08/23/9418274/tb